XMアフィリエイトの出金方法

XMアフィリエイトの出金方法


XMアフィリエイトでの報酬の出金方法は、複数用意されています。

XMパートナー管理ページの出金申請画面では、以下の4種類の出金方法が選択できるようになっています。

  • 電信送金
  • Skrill
  • Neteller
  • bitwallet

しかし、SkrillとNetellerについては日本人の利用はできないので、実質的には電信送金とbitwalletによる出金の2択になります。

Skrillは2016年に日本でのサービスを中止して撤退しており、現在は日本からのアカウント開設はできません。

Netellerについても、2020年2月に日本から撤退することがアナウンスされました。

出金手続き自体は非常に簡単で、XMでは一度入力した詳細情報は記憶され、次回以降は入力箇所が大幅に少なくなる便利な仕様になっています。(出金先が同じ場合。)

今回はXMから、電信送金とbitwalletによる出金の手順について、初めて出金される方でも分かるように説明していきます。

ちなみに、XMから電信送金かbitwalletで、私が現在メインで使っているソニー銀行へ出金するケースで解説していきます。(他のネット銀行でも概ね同じような感じだと思います。)

受け取り銀行については、「出金する銀行について」を参考にして見てください。

アフィリエイト報酬の出金方法

XMアフィリエイトにおける報酬の出金方法を順を追って説明していきます。

初めてアフィリエイト報酬を出金する方でもなるべく分かりやすいように、出金画面などのキャプチャー画像をなるべく使って説明していきます。

報酬、出金について、出金方法などで、わからない事があれば、XMパートナーの方のサポートに問い合わせると確実な回答をもらえますので安心です。

パートナー管理ページの「出金」タブから

アフィリエイト報酬の出金手続きはXMのパートナー管理画面「出金」メニューの「出金申請」から行います。

出金申請から始める

開いたページで、出金するXMのブランドの「XM Trading」を選択します。

ほとんどの方の場合は「XM Trading」ブランドの報酬だと思いますが、多言語での紹介をされている方の場合は「XM Global」ブランドの報酬もあるかもしれません。

出金するXMのブランドを選ぶ

ここまでは、電信送金もbitwalletによる出金も同じです。

bitwalletへの出金方法

日本人が利用できる出金方法で、電信送金以外では「bitwallet」があります。

これは、XMから一旦bitwallet口座へ出金して、そこから国内の自分の銀行口座へ送金するという方法です。

XMからbitwalletへの出金手数料無料で、bitwalletから銀行口座への送金手数料は824円〜412円と、非常に安いことが最大のメリットです。

若干手間はかかりますが送金スピードも比較的早く、2〜3営業日で着金する場合が多いです。

bitwalletからの出金には、1回あたりと1日あたりの出金にそれぞれ上限金額がありますが、50万円(5,000米ドル相当)までの出金の場合には優位性があります。

*2020年10月14日以降、出金条件が一部変更になりました。

詳細は別ページの、bitwalletによる出金方法と検証をご確認ください。

出金先銀行の登録

その他出金オプションから電信送金を選択

パートナー管理画面の出金メニューから「出金申請」を選択して、出金方法のエリアの「その他出金オプション」タブから「bitwallet」を選択します。

ビットウォレットを選択

bitwallet情報で、bitwalletに登録されているe-mailと、出金する金額を入力して、「振替」をクリックします。

bitwallet出金手続き

XMに登録されているe-mailと、bitwalletのe-mailが違っている場合や、登録情報が違っている場合は出金申請がキャンセルされる場合がありますので、事前に確認しておくと安心です。

また、詳細を保存するにチェックを入れておくと、次回からはメールアドレスは自動で入力されるようになります。

bitwalletから国内の銀行口座へ送金する

出金依頼が処理されると、ほどなくbitwalletの口座に着金していると思います。

そこからbitwalletへログインして、国内の銀行口座へ送金します。

bitwallet-HP

時間にもよりますが、bitwalletで出金手続きを行ってから、概ね2営業日ほどで自分の銀行口座に着金します。

このとき824円の出金手数料がかかります。

この手数料は十分に安いのですが、bitwalletの利用条件をクリアしていくと412円まで手数料が安くなります。

コスト的には、電信送金(国内送金)よりも大幅に安いので、少額の出金の場合はbitwalletのほうがよりメリットは大きいと思います。

電信送金での出金方法

銀行間のSWIFTネットワークによる電信送金は最も信頼性が高く、以前からサポートされており、今後も安定的にサポートされるものと思われます。

最近XMでは国内銀行送金にも対応し、着金までのスピードが大幅に短縮され、手数料も低減されました。

最短で出金手続きをした当日、もしくは翌営業日に自分の口座に着金することが多いです。

手数料は、銀行により変わると思いますが、受け取る際に2,500円ほどかかります。

その他出金オプションから電信送金を選択

出金方法のエリアの「その他出金オプション」タブを選択します。

「E-Walletから取引口座へ資金を移動する」タブは、自分のMT4口座へアフィリエイト報酬を資金移動する場合に使います。

出金方法-銀行送金

出金手続きはXMの各ブランドごと別々に行う必要があり、それぞれ電信送金の場合は200ドル以上、トレード口座への資金移動は5ドル以上で手続きをする必要があります。

次に「出金方法」のプルダウンメニューから「電信送金」を選択します。

「海外電信送金」もしくは「国内銀行送金」の、どちらの場合でも、この「電信送金」を選択します。 (後ほど「Bank Account Currency」で選択する通貨によって変わります。)


報酬の出金方法で「電信送金」を選択すると入力画面に以下のような注意が表示されますので、一応目を通しておきましょう。

出金-電信送金での注意

受取人、受け取り銀行の情報などの入力

電信送金情報を全て入力します。

報酬の受け取り銀行の入力画面

全角カナ表記の項目のみ「全角カタカナ」で入力します。

以下全ての項目は「半角英数」で入力します。

過去に出金したことがあれば、その時に入力したデータが自動で入力されている場合があります。その場合、変更がなければ入力を省略することができます。


次に、受け取り銀行(出金先の銀行)についての情報を入力していきます。

今回の受け取り銀行の「ソニー銀行」をプルダウンメニューから選択します。

報酬の受け取り銀行の入力(出金先銀行)


次に、受け取り銀行のSwiftコードから支店コードまでの項目を入力していきます。

報酬の受け取り銀行の入力(出金先銀行)

ソニー銀行の場合は上記のように入力します。(下記からコピペしてもOKです。)

SwiftコードSNYBJPJT
銀行住所3-26 Kanda-Nishikicho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
支店名Head Office
支店コード001

*出金する銀行のSwiftコードがわからない場合は、各銀行のHPに記されている場合が多いのですが、見つけられない場合は銀行に直接問い合わせるかGoogleで調べるとわかります。


次に「Bank Account Currency」のプルダウンで出金(送金)する通貨の「JPY」を選択します。

円建てで送金する

XMアフィリエイトでは、パートナー口座の基本通貨は米ドル(USD)ですが、ここで「JPY」を選択することにより、リアルタイムのレートで日本円(JPY)に交換され、国内送金としてXMから出金されます。

<重要>「Bank Account Currency」で「JPY」を選択するとにより、XMからの出金は国内銀行送金となり非常にスピーディーに円で着金します。

出金確認メール

XMの口座から出金する金額の入力

20,000ドル分を円(JPY)で出金する場合。

出金する金額の入力

XMの場合は、円(JPY)で出金する場合は国内送金扱いになるので、仲介銀行の項目は空欄のままでOK、入力する必要はありません。

「20,000」ドルと入力すると、下段にリアルタイムのレートで出金される金額が円で表示されます。

ただ、出金手続きが送信されるまでに若干のタイムラグがあるので微妙に金額が変わる場合があります。

これはbitwalletの場合も同様で、プラスにもマイナスにも僅かに変わる場合があります。

出金時の換算レートとチャートを比較

以前、リアルタイムチャートと換算レートを比較したものが以下です。

報酬の出金時のレート

この時の換算レートは、リアルタイムに近いレートで換算されているようですが、相場の動きが激しいときなどは、換算レートと実行レートに差が出ることがあります。

気にするほどでは無いかもしれませんが、換算レート自体が若干有利に換算されているように感じます。

EURでの出金方法はデメリットしかない

トラブル防止のためにEUR建てでは出金しないようにしたほうが無難です。

近年、国際的に不正な租税回避やマネーロンダリング、テロ資金防止などの観点から、外貨送金への監視が非常に厳しくなっています。

多くの海外FXの拠点になっているキプロスなどのタックスヘイブンからの送金に関しては、資金について説明を求められたり、追加で資料の提出を求められたり、着金を一旦保留されたり、最悪の場合は受け取りを拒否される場合もあります。

「EUR」を選択した場合、XMからの出金は従来からの外貨による海外電信送金にになり、銀行へはユーロで着金する関係上、厳しいセキュリティーの対象になるようです。

*ソニー銀行への外貨送金について

出金方法には一長一短がある

出金方法には一長一短がある

XMアフィリエイトの報酬を出金する方法は、実質的に「bitwallet」を利用する方法と「電信送金」を利用する方法の2種類あります。

それぞれの方法にはメリット・デメリット、一長一短がありますので、おさらいしてみます。

コスト的にはbitwallet、スピードなら電信送金

ここまで見てきたように、手数料を比較するとbitwalletのほうが確実に低コストでの送金が可能なので、少額の報酬の場合などは特に有効です。

個人の銀行口座に着金するまでの日数では、電信送金(国内送金)のほうが速いと思います。

信頼性の高い電信送金

bitwalletは手数料が安く出金方法として魅力的ですが、気になる点もあります。

過去にはbitwalletのような、XMで利用できた海外送金業者は何種類もあったのですが、それらは全てしばらくして利用できなくなりました。

bitwalletについても、以前はXMのトレード口座からの出金に使えましたが、現在は利益分の出金はできなくなり、実質トレード口座からの出金でbitwalletは利用できなくなりました。

海外送金業者にはサービス中止の可能性がつきまといます。

それに対して電信送金は、私がトレードを始めた10年以上前から多くの海外FXブローカーで使われている入出金方法です。

XMでは国内送金に対応して、超絶スピードアップと円建てによる両替手数料を不要によるコストカットなど、確実に進化しています。


<XMアフィリエイトの出金方法の比較>

手数料着金日数信頼性・安定性
bitwallet824円〜412円2〜3営業日
電信送金(国内送金)2,500円 程度当日〜翌営業日高い

XMアフィリエイト報酬の出金まとめ

XMからアフィリエイト報酬を出金するには、パートナー管理画面から簡単な手続きで出金が可能です。

一昔前は、電信送金で中継手数料・外貨受取手数料・両替手数料と、出金時には多くの手数料が掛かっていましたが、その頃のことを考えると今はいい時代です。

特に手数料だけを考えると、bitwalletのメリットが大きいように感じます。

しかし、今までの経緯を鑑みた場合、ある程度アフィリエイト報酬で稼げるようになった人は、電信送金(円建て)とbitwalletの両方での出金ができるようにしておいたほうが良いのではないかと思います。

私自身、XMからアフィリエイト報酬とFXトレードの利益分の合計で1億円くらいは出金をしていますが、出金拒否や着金しなかったことは一度もありませんので、安心です。

俗な言い方をすれば、XMは金払いの良いFX会社で出金については安心できます。

問題があるとすれば、海外送金業者や規制の可能性だと思うので、やはり出金方法はなるべく複数利用できるようにしておいたほうが安全です。

XMに興味がある方は、XMアフィリエイトのススメもご覧ください。

アフィリエイト報酬の出金や、受け取り銀行などについては、当サイトからXMアフィリエイトを始めた方には個別にお答えいたしますので、お問合わせからアカウントIDを添えてお問い合わせください。

XMアフィリエイトを始める

XMパートナーオフィシャルページ


<関連記事>

トップへ戻る