MT4チャートに日本時間を表示するJPN_Time_SubZeroインジケーター

MT4チャートに日本時間を表示するJPN_Time_SubZeroインジケーター


JPN_Time_SubZeroとは?

JPN_Time_SubZeroとは、MT4のチャートに日本時間を表示する無料インジケーターです。

XMに限らず、海外FX業者のMT4は基本的にそのFX会社のサーバータイムを表示しているため、海外FXを初めて使う人にはMT4に表示されている時刻に違和感があるかもしれません。

慣れてしまえば問題はないかもしれませんが、誰でも最初は経済指標の時刻と、MT4に表示されている時刻が感覚的に一致しにくいのではないでしょうか。

そこで今回はXMのアフィリエイトの紹介ではなく、XMのMT4チャートに日本時間を表示させるインジケーターと、おまけでGMTオフセットをチャートに表示させるインジケーターの紹介をします。

 どちらも無料で利用できるインジケーターです。

  1. JPN_Time_SubZero
  2. GMT Measure

スマホ用MT4では利用できません。

XM以外のFX会社のMT4でも利用可能です。

ちなみに、XMアフィリエイトパートナーシステムの時間も、XMのサーバー時間のキプロス時間で動いています。






JPN_Time_SubZero の使い方

JPN_Time_SubZero の使い方

今回紹介するのは上の画像の「JPN_Time_SubZero」です。

これは最もシンプルにMT4のチャートに日本時間を表示させるインジケーターです。

JPN_Time_SubZeroのダウンロード

下記ダウンロードリンクから無料で入手できます。

JPN_Time_SubZero ダウンロード

インジケーターのインストール方法

ダウンロードしたインジケーター本体ファイル(ex4もしくはmq4ファイル)をMT4の「Indicatorsフォルダ」へ入れます。

一般的なインジケーターは、同様にインストールします。

*画像クリックで拡大できます。

インジケーターのインストール方法

インジケーターを入れるMT4の「ファイルメニュー」から「データフォルダ」を選択します。

JPN_Time_SubZeroのインストール方法

XMパートナーJPN_Time_SubZeroのインストール方法

開いたデータフォルダから →「MQL4」→「Indicators」を開きます。

開いたデータフォルダから →「MQL4」→「Indicators」を開きます

「Indicators」フォルダに本体ファイル(ex4もしくはmq4ファイル)をドラッグ&ドロップで入れます。

*アイコンは違っている場合もあります。

MT4に戻って、ナビゲーターウインドウから「インディケータ」を選択して、右クリックから「更新」を選択します。

XMアフィリエイト「インディケータ」を選択して、右クリックから「更新」を選択

MT4のナビゲーターウインドウから、「インディケータ」を展開してみて、リスト表示の中に追加したインジケーターが表示されていればOKです。

これで、追加したインジケーターがMT4に読み込まれました。

*MT4を再起動させても読み込まれます。

以上でインジケーターのインストールは終了です。

  • 一般的なインジケーターは、同様の方法でインストールできます。

インジケーターをチャートに適用する方法

インジケーターをチャートに適用します。

これも、他の一般的なインジケーターでの場合は、同様の方法で適用できます。

インジケーターをチャートに適用する方法

インジケーターをチャートに適用する方法

やり方は3種類ありますが、最も簡単なのは、ナビゲーターウインドウの該当するインジケーターを適用させたいチャートウインドウにドラッグ&ドロップさせる方法です。

2番目は、適用させたいチャートウインドウをアクティブにした状態で、ナビゲーターウインドウのインジケーターを右クリックして「チャートに表示」を選択する方法です。

3つ目は、(2)同様に表示させるチャートをアクティブにした状態でナビゲーターウインドウのインジケーターをダブルクリックする方法です。

*いずれの場合もパラメーターなどの設定パネルが開けば正常です。

 どの方法でも適用OKです

  • ドラッグ&ドロップ!
  • 右クリックから「チャートに表示」!
  • ダブルクリック!

JPN_Time_SubZero の設定について

インジケーターをチャートウインドウに適用させた時に開くパラメーター設定パネルから順番に説明していきます。

JPN_Time_SubZero の設定について

まず、開いたパラメーター設定パネルの「全般」タブを選択します。

3つあるチェックボックスの「DLLの使用を許可する」にチェックをいれます。

  • 面倒な場合は、インジケーターをインストールする時に表示されるチェックボックス全部にチェックをいれても問題ありません。
  • *但し、怪しいEAやインジケーターの場合は注意してください。

「OK」をクリックすると、デフォルト設定で「JPN_Time_SubZeroが」適用されます。

JPN_Time_SubZero の設定について

JPN_Time_SubZero の設定について

日本時間の目盛りがチャートの中心寄りに出て邪魔なので、ライン部分を掴んで、適当な場所へ移動させます。

MT4デフォルトのグリッドとラインを非表示にする

MT4のデフォルトの期間区切り線やグリッドは、表示させない設定にした方がチャートが見やすくなります。

チャート上で右クリックして一番下の「プロパティ…」を選択します。

MT4デフォルトのグリッドとラインを非表示にする

開いたプロパティの「全般」タブから、「期間区切り表示」と「グリッド表示」を外しました。上記のような設定にすると上のようなチャート表示になります。

個人的にはデフォルトの表示がシンプルで邪魔にならず好きなのですが、カスタマイズできるので好みに合わせてパラメーターを変えてみるのも良いかもしれません。

JPN_Time_SubZeroカスタマイズ

こんな感じでパラメーター設定を変えると、以下のようになります。

JPN_Time_SubZeroカスタマイズ

ちなみにパラメーター設定は保存できるので、タイムフレームに合わせて作ってみるのもいいかもしれません。

JPN_Time_SubZero パラメーターの解説

以下はデフォルトのパラメーター設定ですが、各項目について解説します。

JPN_Time_SubZero パラメーターの解説

値の項目でよく出てくる「true」と「false」は以下のようなニュアンスで覚えておくと良いかもしれません。

  • 「true」   はい / 使う / 有効にする
  • 「false」  いいえ / 使用しない / 無効にする

パラメーターの各項目の説明です。

項目内容
TimeInterval何本のバー(ローソク)ごとに時間を表示するか
UseLocalPCTimeパソコンの内臓時計の時間を表示する
Time_differenceGMTオフセットによる設定(UseLocalPCTimeがfalseの場合)
Gridグリッド(たて線)を表示するか
YEAR年を表示するか
MONTH月を表示するか
DAY日を表示するか
HOUR時間を表示するか
Zero_H時間を2桁表示するか
MINUTE分を表示するか
SECOUD秒を表示するか
ARROW矢印を表示するか
NewLine不明 *私の環境では変化はないようです。
GridColorグリッドの色
FontSize文字の大きさ
TextColor文字の色
UseColorGrid特定時間のグリッド(たて線)の色が変わる
Use12Hourtrueで12時間表示にする(falseで24時間表示)

基本的には、「TimeInterval」、「HOUR」、「MINUTE」の3箇所だけ変更すれば十分ではないでしょうか。

使ってみた感想

非常にシンプルで目立たないのが良いです。

日常的に使う場合は、このようなシンプルな物の方が邪魔にならず個人的には好みです。

MT4と日本時間の差の関係は、長い間FXをやっていると自然に体で覚える人が多いでしょうが、慣れるまではこのようなインジケーターを使うと便利です。

MT4にGMTオフセットを表示する GMT Measure

おまけですが、今回紹介する「GMT Measure」は、MT4のチャートウインドウにお使いのFX会社のGMTオフセットを単純に表示するだけの非常にシンプルなインジケーターです。

MT4にGMTオフセットを表示する GMT Measure たったこれだけの機能しかありませんが、夏時間と冬時間の切り替わり時期などは参考になります。(短期間ですが…)

また、自動売買EAのGMTオフセットをパラメーターに入力するような場合に役に立ちます。

下記ダウンロードリンクから無料で入手できます。

GMT Measureのダウンロード

インストール方法などは他のインジケーターと同様なので、JPN_Time_SubZeroのインストール方法を参考にしてみてください。

XMなどのMT4の時間を瞬時で計算する方法

これも「おまけ情報」ぽいですけど、時間関係のことなので書いておきます。

FX初心者の人には意外と役に立つ情報です。

XMのサーバー時間は、夏時間GMT+3で冬時間GMT+2です。

日本はGMT+9なので時差は、夏時間で6時間、冬時間で7時間です。

ということは、夏時間の時は日本時間から6時間マイナスした時間、冬時間の場合は7時間マイナスしたものがXMのサーバーの時間になります。

理屈は簡単なのですが、私も初心者の時は忘れがちでした。

そこで、私の場合は、視覚的に覚える事と、声を出して言ってみる事で忘れなくなりました。

まるで英単語か何かの暗記のようですが、私の場合はこれで覚えた記憶があります。

覚えるのは下記4文字…

夏6・冬7

声に出して行ってみてください「ナツロク、フユナナ」

バカバカしいかもしれませんが結構効きます。

まとめ

XMなどの海外FXでトレードを始めた場合、MT4の時間表示で戸惑います。

何年も海外FXをやっていれば、自然とMT4の表示時間と日本時間の差は理解できるのですが、そうなるまでに戸惑うことが多々あるでしょう。

今回はそのようなMT4の時間の違いを認識しやすくする「JPN_Time_SubZero」について使い方などを書いてみました。

見ての通りシンプルで目立たないインジケーターですが、機能もMT4の時間と日本時間を併記することにより、MT4の時間の違いに早く慣れることができます。

MT4の時間表記に違和感のある人にはオススメです。

しばらく使って、「JPN_Time_SubZero」が必要がなくなったと思ったら、外せば良いのです。

XMアフィリエイトに取り組むXMのパートナーさんも、口座開設していただけるトレーダーさんには初心者の人も多いと思うので、「JPN_Time_SubZero」が役立つ人も多くいるのではないでしょうか。

Thank You!

トレード口座を作る

パートナーページ


<関連記事>









トップへ戻る