副業がNGな場合の最終手段-XMアフィリエイトのススメ

副業がNGな場合の最終手段


一時期、「働き方改革」と盛んに言われたこともあり副業をする人が多くなってきたように感じます。

とはいえ、一般的には公務員は副業禁止とされているケースがほとんどですが、公務員でなくても就業規則で副業を禁止されている場合もまだまだ多いようです。

また、立場上「FX」とか「アフィリエイト」などの副業がコンプライアンス的にNGぽい人も中にはいるのではないでしょうか。

お小遣い程度の金額のうちは、大した問題にはならないかもしれませんが、報酬金額が増えてくるとイロイロな面で問題が出てきます。

XMアフィリエイトをやっていく上で、一般的な会社での副業をバレないようにする方法と、どうしてもダメな場合の最終手段について、なるべく簡潔に書いていいきます。

会社員でXMアフィリエイトを考えている人は、一応目を通しておいてください。

関連記事:XMアフィリエイトのススメ

副業を会社にバレないようにする一般的な方法

XMアフィリエイトをしばらく続けていると、トレーダーやXMパートナーなども集まってきて報酬が徐々に上がるようになってきます。

そして普通に「確定申告」をした場合は、会社があなたの給与から税金の源泉徴収の計算をするときに、あなたに副収入があるということが発覚します。

(会社では、給与以外に所得があったことは分かりますが、何による所得なのかまでは把握できません。)

会社にもよりますが、副業での収入がバレると非常にまずい人も多いはずです。

なぜ会社に副業がバレるのか?

詳しくは、「XMアフィリエイトの税金」のページの「 副業を会社にバレないようにするには?」のところでも書きましたが、ほとんどの場合で副業が発覚する原因は、確定申告をすることで、副業分の住民税の通知が会社に行くことにあります。

だからと言って、確定申告すらしなかった場合は脱税となり、もっとまずいことになります。

  • 実際に確定申告が必要になるのは、給与所得者(サラリーマン等)の場合だと、副業による年間所得が20万円を超えた場合です。(所得とは収入から経費などを引いたものです。)
  • 報酬が上がり出してから、慌てて節税対策でパソコンを買ったり、いろいろ経費で落とせるものをかき集めても、年間の報酬が80万円を超えてくると確定申告しなければならなくな流場合が多くなってきます。
  • 年間の報酬で80万円といっても月額にすると、たったの67,000円 ほどなので、報酬が上がり出した場合はすぐにこのような問題に直面します。。
  • これは稼げるアフィリエイトだからこその悩みかもしれません。

副業分の住民税は自分で納付するようにする

しかし、住民税の支払いを自分でやるようにして確定申告をすれば、源泉徴収されずに会社に副業による収入があることはバレません。

これは、サラリーマンが確定申告をする場合に絶対にやっておくべき対策ですが、他にも同僚や友達からの噂が上司の耳に入らないとも限らないので、やはり注意が必要なことには変わりありません。

副業としてXMアフィリエイトがどうしてもNGなケース

また、上記のような場合だけでなく、FXアフィリエイトFXというと、中にはあまり良いイメージを持たない方がいることも確かで、世間的に許されない場合もあります。

副業が絶対にOUTな業種もある

現実的には、金融機関や保険会社にお勤めの方や会社で副業NGな場合に加えて、職種や立場上コンプライアンス的にそのような副業が出来ない人も中にはいるようです。

  • よくわからない場合は、一度就業規則を確認してみましょう。

その人たちの場合は、XMアフィリエイトで報酬が上がり出すと、すぐにこのような問題に直面します。

しかし、せっかくコツコツ続けてきたXMアフィリエイトで、やっと報酬が上がるようになって来たのに、積み上げてきたアフィリエイト活動を止めるのは非常にもったいないことです。

何よりも今まで積み上げてきたFX関係のブログと、やっとの思いで集めたXMのアクティブトレーダーなどは財産のようなものなので、それを捨てるのは精神的にもかなり抵抗があるはずです。

XMパートナーのアカウント譲渡

XMに承認されればアカウントの譲渡ができる

そのような問題をうまく乗り切るための最終手段がXMアフィリエイトの「アカウントの譲渡」です。

「そんな事できるの???」って方が多いかもしれませんが、サポートに確認したところ、必要書類を提出してXMのコンプライアンス部門の承認を受ければ可能という事でした。

ただしコンプライアンス上、グレーな部分もありますので「どうしようもなくなった場合の最終手段」とお考えください。

*内容によってはXMから承認が下りない場合もあるかもしれません。

*以下問い合わせた時のメールの返信です。(クリックで拡大できます。)

問い合わせた時のメールの返信です

譲渡された人が確定申告をして納税する

注意が必要なのは、マネーロンダリング防止の観点からXMでは基本的にアカウント名義と同一名義の銀行口座にしか出金出来ないことになっていますので、譲渡する相手は配偶者が無難で、第三者の場合は承認される可能性は低くなるかもしれません。

未婚の方の場合は家族にしておくことがベターです。

当然ですが、XMアフィリエイトのアカウントを譲渡した場合は、アカウント名義の方が主にアフィリエイト活動をやることになりますが、ある程度以上の収入がある場合にはアカウント名義の方が確定申告をして納税しなければいけませんので、その点はご注意ください。

パートナーのアカウントは相続も一応可能

余談ですが、大きな金額が稼げるようになってくると税金対策、法人化、海外移住などを考えると同時に、年齢にもよりますが相続の事を心配される方もいると思います。

この点もXMに確認したところ、「譲渡」と同様に「相続」もアカウントの名義変更と同義なので、必要手続きを行えば可能とのことでした。

アフィリエイト登録する

パートナー公式ページ


<関連記事>

トップへ戻る